呼吸を整えて、カラダとココロを制御する。

『カラダ・リモデリング術』

 

姿勢が崩れる 呼吸が浅くなる 疲れやすくなる 姿勢が崩れる

悪循環スパイラルを「呼吸」から見直してみませんか?

 

呼吸は1日に約3万回行っています。

正しい呼吸を行うポイントは、姿勢と筋肉にあります。

 

呼吸筋と姿勢筋へのアプローチが、正しい呼吸を行うためのファーストチョイスです。

 

呼吸筋は、大きく二種類に分かれます。

 

吸息筋:大気中の酸素を取り込む為に胸腔と肺を拡張する筋群

「僧帽筋」「斜角筋」「胸鎖乳突筋」「外肋間筋」「横隔膜」「脊柱起立筋」

 

呼息筋:代謝産物の二酸化炭素を排出する為に胸腔と肺を収縮する筋群

「内肋間筋」「外腹斜筋」「腹直筋」「内腹斜筋」「腹横筋」

 

1回の呼吸で体内に入る空気の量はペットボトル1本分の約500ml

そのうち気道などのデッドスペースに約150mlが留まり、

肺まで到達できるものは約350ml

 

例えば、1回の呼吸でその半分の250mlしか体内に取り入れる事ができない場合。

デッドスペースに留まる量は変わらないので、

肺まで到達できるものは約100ml

 

これでは、二酸化炭素が多すぎる為にカラダは酸性に傾き、脳からはもっと呼吸をするように指令がだされ、呼吸筋や呼息筋の負担が大きくなってしまいます。

 

「脊柱起立筋」や「腹横筋」などに負担がかかれば、姿勢にも影響がでてきてしまいます。

 

さらに、肺の弾力性は年齢と共に衰え、息を吐いた後の肺に残る空気量が増加していきます。その肺に残る機能的残気量を減らそうと、強引な呼吸「周囲の筋肉を使って肩で息をするような呼吸」を行い、ますますカラダへの負担を大きくしてしまう事もあるでしょう。

「横隔膜を上手に使うことが、正しい呼吸を手にいれる第一歩。」

まずは、横隔膜を意識的に動かしてみましょう。

横隔膜は、息を吸うときに収縮し胸郭を広げるように下に下がります。

逆に、息を吐くときには緩んで胸郭を押し上げるように上がり肺を収縮させます。

 

普段の意識しない状態での浅く早い呼吸が長い時間続いてしまうと、交感神経が優位となり、自律神経バランスを崩しストレスを助長させてしまいます。

 

意識的に深い呼吸を行い、脳内のセロトニンを増やし、安定したリラックス状態へとカラダを導いてあげてください。

 

 

小顔・お顔のゆがみ・顎のゆがみ・顎のエラ張り・肋骨のゆがみ・胸郭矯正・猫背矯正・鎖骨のゆがみ・骨盤矯正

からだの歪み・美容の悩みを改善!西通り鍼灸整骨院 東洋健美

福岡天神地区 小顔矯正・骨盤矯正・美容鍼専門院 院長 藤本大輝

西通り鍼灸整骨院 東洋健美

福岡天神地区 小顔、O脚、美容矯正専門院

住所:福岡市中央区大名1-15-7 ネオハイツ大名101

電話番号:092-762-8778

西鉄福岡駅(天神駅)より徒歩5分の場所にあります。

ネット予約
友だち追加数