顎関節症を引き起こす。頭部屈曲位姿勢。

あごの閉開口時にカクカク音がする。音だけでなく、あごの閉開口時に痛みがでる。

などの訴えで当院をご来院頂く患者様は、多くいらっしゃいます。

 

その方々に、ほぼ共通した姿勢が、頭部屈曲位姿勢です。

顎関節は開口時には、前方に滑るように移動しながら運動を行います。

 

実際に、試していただくとわかりやすいと思いますが、

顎を引いて(頭部屈曲位姿勢)での開口運動。

顎を上げて(頭部伸展位姿勢)での開口運動。

顎を引いての顎関節運動の「動かしにくさ」を実感してもらえると思います。

 

下あごの働きは、咀嚼運動を行う事と、もう一つあります。

カラダのバランサー(平衡感覚機)としての働きを持っています。

 

頭部屈曲位姿勢での下顎骨はカラダのバランスを整えようと、

下顎骨自体は、床と並行方向へは後方に向かい、床と垂直方向へは上方回旋方向に向かいます。

つまり、下あごの開口運動が、前方下方回旋なので真逆の力が、姿勢によりかかってしまいます。

その状態で、一日に約3000回と言われる顎関節運動を行う事で症状の悪化をひきおこします。

本来、下顎頭の帽子の様に引っ付いている関節円盤の逸脱や、咀嚼筋(咬筋や側頭筋など)の過多緊張となってしますのです。

 

しかし、頭部屈曲位姿勢改善のみに注目し、施術を行っていても結果は安定しません。

カラダは、すでに頭部屈曲姿勢がその方にとって「楽」な姿勢へと構造が出来上がり、

また脳もそれを、これが「最良」であると理解している為です。

 

「顎関節症」は、あごがずれてしまう事で、たちまちにカラダを襲うものではなく、

 

徐々に、機能と構造が歪み(ひずみ)を起こした結果なのです。

顎関節症、お顔の悩み、あごの痛み、あごのゆがみ、あごのエラ、骨盤の歪み、なんでもご相談ください。

美容矯正、美容鍼、骨盤矯正、小顔矯正専門院

福岡中央区天神大名地区 西通り鍼灸整骨院 東洋健美

西通り鍼灸整骨院 東洋健美

福岡天神地区 小顔、O脚、美容矯正専門院

住所:福岡市中央区大名1-15-7 ネオハイツ大名101

電話番号:092-762-8778

西鉄福岡駅(天神駅)より徒歩5分の場所にあります。

ネット予約
友だち追加数